直後の気もち

『善き門外漢』vol.3を入稿した。ずいぶん時間がかかった。時間がかかったのにはたくさんの理由があって、挙げていったらキリがないし挙げてもしょうがない。なんとなく「これでいけるかな」と主題がまとまりはじめたのが夏の終わり […]