〈読み食い yomikui〉の布ものとか

いよいよはじまる〈読み食い yomikui〉、門外漢のときもそうですけど、やることに追われすぎて告知がてんで出来ておらず、こんなタイミングでの布ものなどのご紹介です。ほんとうにほんとうに、ギリギリまでつくっているし、イベントが始まってもなおつくるのです。

なんでいきなり布ものなんだ、とおもっているひともあるかもしれないのですが、『善き門外漢』をvol.0から読んだりするとよくわかるとおもうのだけど、わたしはそもそもファッション業界にいて、短い期間だったけどパタンナーをやっていたこともありました。『善き門外漢 ビヨンド』収録の短編『服飾学校』は、私小説といってよくて、おもいだすとゾッとするような、ろくに眠れぬ課題づくしのスパルタな日々で、ちょうどあれを書いたのは1年ほどまえですが、あんな生活は2度と出来ないなあと笑っていたものです。それが今回、この〈読み食い yomikui〉で、一心不乱にミシンを踏んだり、製本で切ったり貼ったり(学生時代、デザインの授業では切ったり貼ったりのポートフォリオてきなものの制作にも追われていました)して朝を迎えるような日々が10年越しでやってきたのです。この1年ほどは、買ったパンツの裾上げ以外、何も縫ってこなかった希有な時期だったので、もう何も出来なくなっているかもしれない、なんておもっていたほどで、モクジの上郷さんに「できるんだからやろうよ、やってよ」と言われなかったら、じぶんからミシンを触ることなんてきっとなかったとおもうので、とてもいい機会を与えてもらったなあとおもいながら手を動かしてきました。

まあ、前置きはこれくらいにして。

 

エプロンです。

 

 

「読み食い」というキーワードの「食い」のぶぶんから、エプロンはぜったいつくると決めていました。「生地の柄を最大限に生かすこと」をかんがえた結果のデザインで、どの角度から見ても表情が出るように切り替えを。サイドパーツは贅沢にバイアスどり。

 

 

前の両サイドにスリットを入れて足さばきもよく。

 

 

 

ヒモを後ろで結ぶと迫力あるAラインがでる、けれど切り替えによってすっきり見えるし、サイドのバイアスの落ちがきれいにでます。この着方は意外と男性にもおすすめ。

 

同じパターンでも、色柄が変わるとまた印象も変わる。

 

 

両方ともステッチはイベントのキーカラーであるレモンイエローです。

 

 

次はミニバッグです。

 

 

モクジの上郷さんが巾着巾着いうので、巾着つくるか、となって、できたのがこれ。
エプロンとおなじハトメ穴からでる、キーカラーのレモンイエローとミントグリーンのリボンを絞ると巾着風。
ステッチもまたリボンとそろいのいろで。
底の角にダーツを入れたので完全なフラットではなく、ほどよい立体感がでます。

『読み食い yomikui』がちょうど入る大きさ。
長財布もちょうど入るくらい。

 

 

本とおそろいでぜひ。

 

次は栞です。

 

 

裏打ちした生地を貼り合わせ、ステッチなどは入れない切りっぱなし、薄手に仕上げたことで本にフィットします。しっかりした作りのものは見栄えはいいけどページから抜けやすいなあとおもっていたので。

こちらも本とおそろいでぜひ。

 

本にかんしてですが、じつは一冊につき、8枚もの生写真が入っています。

 

 

 

表紙の布が4種類、本文用紙が2色の合計8種類から選べる、なんて前回書きましたが、写真の組み合わせはたぶん同じものはありません(気ぶんで貼っているので。確認はしてませんが)。すべてがまさに1点もの、選ぶことの楽しさもぜひあじわってみてください。

 

ああ、もう日が変わってしまいました。
〈読み食い yomikui〉はいよいよ今日、スタートです。

 

朗報がひとつ。
ランチタイムとディナータイムのあいだの時間、飲食の提供はできないのですが、お店開けてくれるそうです!おすすめの楽しみかたは、16時、17時にお越しいただき物販をじっくり見たあと、18時から〈読み食い〉限定メニューに舌鼓をうって種類豊富な日本酒をぐいっとやる、これですこれ。

 

明日から ごはんと雑貨 Mokuji で一同お待ちしております(わたしは在店できない日もあります)。

 

◯Mokujiのイベント特設ページもぜひチェック→こちら

 

〈読み食い yomikui〉
期間 2017年6月21日(水)〜7/2(日)12:00〜21:00   ※月・火は定休日
場所 東京都国分寺市日吉町2-33-20 シャルムビル102
ごはんと雑貨 Mokuji (JR国立駅より徒歩7分)→アクセス